〇〇力を上げてくれる温活(^^♪『すべての女性の味方★ローズ蒸し』

ローズ蒸しテント お客様の声

こんにちは♪〇〇力を上げてくれる温活(^^♪『すべての女性の味方★ローズ蒸し』

たまプラーザ駅徒歩3分、ローズ蒸し専門エステのエムアイローズです。

少し日が伸びてきましたが、風は冷たく、身体はまだまだ冷えていますよね。

冷えやすい足先、ふくらはぎ、お尻やお腹、腸などをしっかりと温めて気持ちの良い毎日を過ごしていきたいですね。

お客さまのご感想

今日のお客様はK様。

お仕事がとても忙しく、お休みの日もお子様の部活の応援などなかなかゆっくり過ごせる事は少ないそうですよ。

お付き合いでアルコールが入ることも多く、

少しでもデトックスしたい!と、久しぶりにローズ蒸しに来てくださいました。

以前に体験されたローズ蒸しテントの心地よい温まり具合が忘れられないそう。

「久しぶりのローズ蒸しテント。
安定の心地良さでした。また絶対来ます!」

この時期は外は寒いのに、電車やオフィスは暑かったりと、身体の調整機能も追いつかなく、自律神経が乱れやすいです。

お正月休み明けいうことで、環境になれるのにまた緊張したりして心身ともに影響も受けやすくなります。

自律神経が乱れると様々なところに症状が出るので、自律神経が乱れているという実感や触接の自覚症状はわかりにくいですが、便秘になりやすくなることがあります。そのほかにも沢山症状がありますが・・・

交感神経が優位にある状態は、活動的だったり緊張したりというとき。

そして、副交感神経が優位にある状態は、リラックスしているときですね。

便はこのリラックスしているときでないと、出にくくなるそうですよ。

野菜やキノコなど、カラダにいいと思って食べていても、ついつい美味しいと食事自体が進んでしまったり、一緒にお酒をたくさん飲んでしまった…そんなご経験、ありますよね。

お酒を飲むと水分不足にもなりやすいです。

コーヒーやジュースなどの嗜好品ではちゃんとした水分補給にはならないそうですよ。

そんなMIROSEでは、ご来店されたお客様にお出しするのは、常温のお水。お体を冷やさないためにそうさせて頂いています。(ご希望があれば氷を入れさせて頂きます)

また、ローズ蒸しテントご利用のお客様には、常温のお水+ホットローズティーをお出ししています。

特にローズ蒸しテントは汗をたくさんかくから、水分補給が必要なのです。

今の時期は適度に暖房の効いた部屋で過ごしていることがおおいので、あまり汗はかかずとも喉がカラカラになっていませんか?気が付くと水分不足になっていることが多いものです。

自律神経を乱さないためにも、睡眠と食事をしっかり摂るのはもちろん、水分補給も欠かさずに行うようにしてもらいたいものです。

自律神経こそが健康のバロメーターといっても過言ではありません。

自律神経の乱れとは・・・交感神経または副交感神経のいずれかにバランスが偏ったり、交感神経と副交感神経のどちらも働きが低下したりしている状態を指します。

なかでも日本人に多いのは、交感神経が優位になり過ぎ、副交感神経の働きが低下しているタイプが多いといわれています。

交感神経が優位になり過ぎていると体全体が常に緊張状態に置かれます。この状態が続くと身体や器官が疲労することでさまざまな症状が現れることになります。

毎日の食事・睡眠・そして水分補給に気を付けながら、自律神経が乱れないように、ちょっと疲れたな・・・とか睡眠不足だなとか感じた時にはリセットしにローズ蒸しテントを受けにいらしてください。

身体の芯から温まり、リラックス&デトックスの効果を感じていただけるエムアイローズ自信作の ローズ蒸しテント です。
ローズの効果の吸収を高め、美と健康にこだわった究極の温活蒸気美容 ローズ蒸しテント

最後までお読みいただきありがとうございました。

ローズ蒸し専門サロン エムアイローズでした♪

ご予約・お問い合わせはこちらから♪   ↓   ↓

ご予約はホットペッパーかLINEがオススメ!

LINEなら1対1のご相談もお気軽にどうぞ^^

トークは他の人に見られないのでご安心ください。

下にあるバナーをクリックで簡単に登録&予約ができます♪

関連記事

  1. 「 体がポカポカで、良くねむれます。 皆さんも是非どうぞ~♪…

  2. ローズ蒸しテント お客様の声

    ローズの香りで とても癒されました! すごく幸せな気分になれ…

  3. ローズ蒸しテント お客様の声

    じんわ~り温めてくれて体が軽くなりました。次の生理が楽しみ♡…

  4. ローズ蒸しテント お客様の声

    体質改善(冷え症・便秘)されて、心も体もスッキリです!!!

  5. ローズ蒸しテント お客様の声

    更年期障害や婦人科系のお悩みにアプローチ!

  6. バストアップ

    えっ!?こんなに変わるの?? あなたも憧れの美バストを目指し…